人間関係がうまくいかない 人間関係がうまくいかない
アダルトチルドレン(AC)カウンセリング東京/心の相談室
HOME人間関係悩み相談・心の相談室グループセラピー癒しのワークショップヒーリングセラビスト養成スクールコラム
人間関係がうまくいかない
人間関係がうまくいかない
上司とうまくいかない

「人間関係がうまくいかない」「コミュニケーションが苦手」・・・
人間関係やコミュニケーションに関しての悩みは、多くの方が一度は感じることかと思いますが、特に職場などで「上司とうまくいかない」「上司に嫌われているのではないかしら?と思う」「雑談ができずにチームになじめない」と悩みを深め、ご来室される方が多くいらっしゃいます。

アダルトチルドレンの方の人間関係やコミュニケーションのお悩みには、アダルトチルドレンが抱える愛着障害(愛着関係の問題)や家族の機能不全、トラウマや共依存などが絡み合っています。
そして、お悩みの内容はそれぞれ違っても、共通して抱えているつらさに、人間関係やコミュニケーションに対する怖さや不安、苦手意識があります。

オフィスTには、そうした生きづらさから、愛着の問題やトラウマの癒し(アダルトチルドレンの癒し)に取り組む中で、自分らしい心地よい人間関係やコミュニケーションを創り出し、職場でより良い人間関係が築けるようになり、心地よく働けるようになったり、よりよい環境を求めて転職したり、働いていない方も働き始めたり、婚活を始めたりと人生を豊かにしていかれている方が多くいらっしゃいます。


その人の人間関係のあり方は、

その人の人間関係のあり方は、そもそも、その人が「自分を」「他者(人)を」どう思っているかによると思います。
そして、人と一緒にいることが、楽しいもの、怖いもの、わずらわしいものなど、人それぞれに感じていると思いますが、そうした感覚も、その人が「この人生で何を見てきたか」によるのではないでしょうか。

そうしたものが創られていく最初の場が、「育ってきた家族」です。家族団らんの中で楽しく会話がはずみ、時には盛り上がり、あるいは、度が過ぎて怒られることもあるかもしれません。私たちはそういうやりとりの中で人との関係やコミュニケーションについて学んでいくのです。
それがアダルトチルドレンの方の場合、どうかというと・・・。

人間関係がうまくいかない


目次
・例えばK介さんは・・・上司とうまくいかない
・職場の人間関係がうまくいかない〜大人になったK介さん〜
・人間関係の原点 〜父親との関係〜
・人間関係の原点 〜母親との関係〜
・人間関係のつらさの原因
・「ああ、そうなんだ!!」・・・人と親密になるには
・人間関係のコツ


例えば、K介さんは・・・上司とうまくいかない

会社員のK介さんは一流企業に勤めています。人から見たらエリート中のエリートで、その仕事ぶりには目覚ましいものがあります。でも、K介さんは自分を「たいした仕事をしていないダメな男」だと思っているのです。

そして、「上司とうまくいかない」「ひょっとして上司から嫌われているのではないか?」「チームになじめていない気がする」と人間関係の悩みを深めていました。

K介さんが育ってきた家族はというと、
お父さんは自分の思い通りにならないとすぐ怒鳴る人で、子どもを見下したり、バカにしたりしていました。
お母さんは、そういう感情の起伏が激しいお父さんのご機嫌をとり、気を使います。また、K介さんには弟がいますが、お母さんは弟だけをかわいがり、K介さんには冷たく意地悪な態度でした。

K介さんは、そうした親との関係の中で「自分は受け入れられる存在だ」「自分はOKだ」という感覚や自尊心を持つことができませんでした。また家族の中で交わされるコミュニケーションのほとんどが、親から指示や命令をされ、それに子どもが応えるといったものでしたので、健全なコミュニケーションの方法を学ぶこともできませんでした。

そして、社会に出たときに、「人間関係がうまくいかない」「コミュニケーションが苦手」という苦しさや生きづらさを抱えることになったのです。

こうした機能不全家族の中で育つと、子どもは自己肯定感を持てないまま社会へ出ていかざるを得ません。それは本当につらいことです。

人間関係がうまくいかない「自分はダメな人間だ」という自己イメージを持ち、「外の世界でも自分は受け入れてもらえないのではないか」という漠然とした、言葉にならない不安や恐怖を抱えながら、自分を支えてくれる人も助けてくれる人もなく、たった一人で世の中と関わっていかなくてはいけないのですから。


職場の人間関係がうまくいかない 〜 大人になったK介さん〜

職場で上司ともうまくやろうとしているし、なんとかチームにも馴染もうとしているけれど、
なんだか人間関係がうまくいかない…。
気づくと、人の顔色を伺い、気を使ってご機嫌をとっているのです。そして、時々なぜだかイライラして苦しくなってしまう…。

同じチームの同僚も後輩も、上司と良い雰囲気、良い関係で仕事をしているようだし、チーム内でも気楽に話をしているように見えます。その反面、自分はチームに打ち解けられず、輪に入りきれていないような気がしていました。

うまくやっている人を見ると、見習いたいなと思っているのですが、なかなかそういうふうにできず、自分の場合、どこか表面的な付き合いにしかなっていない気がして、

「他の人は人間関係をうまくやっているのに、自分はそうじゃない。」
「自分がダメな人間だから、人間関係がうまくいかないのかもしれない。」
「自分だから人と打ち解けられないし、ちゃんとしたコミュニケーションができないのかもしれない。」
と思ってしまうのです。

他の人たちを見て「上司から、かわいがられていてうらやましい」と思ったこともありました。

それまで、人間関係でうまくいかない時には「仕事なのだから知識やスキルを磨き、成果を出せばいい」と思うことでごまかしてきたのですが、「もう、どうにかして変えなければ」とオフィスTへ来ました。


人間関係の原点〜 父親との関係 〜

私の家では父の機嫌が一番の関心事でした。
父は、「家族に人並み以上の暮らしをさせ養っているので、家族の中で一番上、一番偉い」と考えている人でした。

例えば、父は時々、欲しいと言っていないのにおもちゃを買ってくることがありました。得意げに「買ってきてやったぞ!」と帰ってくるのです。
そこですごく喜ばないと大変なことになります。父は喜ばない私を見て「こんなにしてやっているのに、何が不満なんだ!!」と怒鳴りだすのです。

そして、なかなかその機嫌がなおりません。他にも様々な場面で父はそんな感じでしたので、私は父が家にいるときには、父の機嫌を損ねて怒られないように、怒鳴られないようにと父の顔色を伺って過ごしていました。

他にも「父には、他人を見下すところもありました。私も自分の好きなことや興味のあることを「くだらない!もっとましなことをしろ!」とバカにされたり、ちょっとした失敗をいつまでも持ち出してきて批判されたり、親戚の前でバカにして笑われたりしました。そういう時の父は満足そうに見えました。

また父は、他人の話には関心がなく、人の話をイライラしながら聞いているかと思うと、話の腰を折って自分の話にしてしまいます。ほかの話でもなんでも、とにかく自分が中心にいないと気が済まないのです。

でも、そんな父も会社では有能な人だったようで、大きな仕事を成功させた!とよく私たちに自慢気に話していました。(反対に、仕事でトラブルがあると家でイライラし私たちに当たっていました)。
父は私にとって、とても怖い存在でもありましたが、「仕事ができるすごい父」と、どこか憧れていた部分もあったように思います。


人間関係の原点〜 母親との関係 〜


人間関係がうまくいかない母は大手企業に勤める父を「すごい人」と思い感情の起伏が激しい父に当たり障りなく接し、父の言うことには何でも従っていました。父の勤める会社が母にとってもステータスだったのです。

母は、私が父から怒られて怖くて泣いていても「男の子がそんなことくらいで泣いて!!」と言い、なぐさめてくれることも、かばってくれるこ
ともありませんでした。なので、私は自分を「ダメな男」と思ってきました。
また、そうしたことから「お父さんのような男が好かれるのか」と思うようにもなりました。

でも母は、父のいないところで、父の愚痴や不満を私たち子どもによく言っていました。私はそんな母がとてもかわいそうに見えて、母を助けなければ、母を幸せにしなければと思ってきました。

それなのに母は、弟ばかりをかわいがり、何でも弟が優先で弟のことしか考えていないようでした。同じ状況でも怒られるのは私だけ、母は弟の習い事に付き添っていったり、宿題も一緒にやったりしているのに、私には「あなたは自分でできるでしょ。」と言われるだけでしたので、何でも自分一人でやるしかありませんでした。

それでも私は母に少しでもほめてもらいたくて、買い物の時には重い物を運んだり、ゴミ捨てを手伝ったりとするのですが、何も言ってはくれません。

弟には「ありがとう!」と嬉しそうに言うのに・・・。
そんなふうに母からかわいがられている弟が、いつもうらやましく、「自分はこの家にいてはいけない子なのではないか」と思っていました。


人間関係のつらさの原因

こうした自分の家の状況が分かってきたのは、セッショングループセラピー清里ワークなどの癒しに取り組み始めてからでした。

それまでは、「これは普通のこと」「自分の家は、普通の家」と思っていました。
いろいろとネットや本で調べていた時に、一番思い当たったのが「愛着障害」という言葉でした。
さらに愛着障害を調べていくと「アダルトチルドレン」というキーワードが出てきたのですが、自分の家は機能不全じゃないから関係ないと思っていたのです。

でも、グループセラピーで他の方のお話を聞く中で、「普通に働いていて、一見悩みもつらさもないように見える人でも、自分と同じような悩みを抱えているのだ」と思ったり、セッションやワークなどから、自分の育ってきた家族の状況が客観的にみられるようになっていき、「愛着関係に問題があって、自分はアダルトチルドレンなんだ」と思うようになりました。

そして、自分はそもそも人が怖くて、「怒られるのも怖い」「嫌われるのも怖い」と思っていたことに気づきました。だから、自分の中がいつも不安定でグラグラしていて、その自分を守るように自分の周りに壁をつくってきたのです。そのくらい怖かったのです。
それが分かった時、自分で自分を受け入れられた気がしました。

癒しへの取り組みを通して、なぜ自分が人を怖いと思い、人間関係がうまくいかないのか、それは育ってきた家族との関係からきていたことを理解できたのです。


「ああ、そうなんだ!!」・・・人と親密になるには

最近、人間関係について、また1つ分かったことがありました。

それは、グループセラピーでコミュニケーションのワークをしていた時でした。その中で、休みの日の過ごし方を話したのです。

そういうことを自然に話している自分に気づいてもいなかったのですが、その時に外川先生から「そういうことを職場で話せばいいのにね。」と、ふわっと言われたのです。一瞬、言われている意味が分からなかったのですが、次の瞬間「ああ、そうなんだ!」と腑に落ちて分かったのです。
「人と親密になるには、こういう話をしていけばいいんだ!」と、悩んでいたこれまでの様々な場面がほどけていくようでした。

いま思うと、これまでそうした自分の話は「人にはつまらない話」だと思っていましたし、皆に「くだらない話」と思われるのも怖くて、そうした話はしてきませんでした。

学校でのことや友達のことを話すと父はイライラしてきて「くだらん!」とか「もっとましな遊びをしろ!」とか言われ、自分の話はまともに聞いてくれなかったことが、「自分の話は人にはつまらない話」と思うようになったことと関係しているのだと分かってきました。


人間関係のコツ

さらに思い返してみると、育ってきた家族の中で父にも母にもきちんと自分の話を聞いてもらうことがなかったですし、父が命令することはあっても、家族の中に会話のキャッチボールというものがありませんでした。

なので、人とのコミュニケーション、特に雑談の方法を知らなかったのです。自分がダメだったからではなかったのです!
セッションやグループなど、アダルトチルドレンの癒しの過程の中で、健全な人間関係やコミュニケーションを学び実践できたことで、こうした雑談を楽にできるようになっていきました。

まだ、そういうことをできる時とできない時があって、3歩進んで2歩下がるという感じなのですが、上司や周りの反応が変わってきているのが分かります。何よりコツをつかめたようで自分の気持ちが楽になりました。

そうやって1つ1つ楽になると、「もっと楽になりたい!自分はもっと変われる!」と思うものなんですね。これからも癒しへの取り組みを続けていきたいと思います。


人間関係がうまくいかない



  セッションメニュー   ご相談内容   よくある質問  
  クライアント様の声   料金   アクセス  
  グループセラピー   他では味わえない癒し  
人間関係悩み相談/心の悩み相談室
 
相談したい、癒したい

ACの癒しを学びたい
ヒーリングを体験したい
さらに知りたい
  → こころの相談室へ
→ 癒しのワークショップへ
→ ヒーリング・スクールへ
→ 無料体験会へ
→ アダルトチルドレン(AC)ってなに?
→ インナーチャイルドってなに?
→ ACをどうやって癒すの?
→ 具体的にどんな悩みを相談できるの?
→ 相談に乗ってくれるセラピストは?
→ 自分を癒すとどう変われるの?

■まずはお電話ください。
お申込み、お問合せは、有限会社オフィスTヒーリングセンター
TEL.03-5355-7055 (月・木曜除く)10:30〜19:00


写真・文章の転用を禁止します。
オフィスTヒーリングセンター 〒155-0033 東京都世田谷区代田4-35-18 TEL.03-5355-7055
アダルトチルドレン(AC)カウンセリング東京/心の相談室/心の相談室/お問合せ
セッション、ワーク、ヒーリングスクールに関するご相談、ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。
〒155-0033 東京都世田谷区代田4-35-18
アクセスマップ
アダルトチルドレン/人間関係悩み相談・心の相談室
誰にも言えずに、ずっと1人で
抱えてきた心の悩み、どうか
1人で悩まずにご相談ください。
アダルトチルドレン(AC)カウンセリング東京/スタッフコラム・癒しの現場から
最新のコラム
・『瞳のキラキラ』
・『清里へ行ってきました』
・『移転しました!』
ヒーリングセラピスト養成スクール個人レッスンのオススメ
 
アダルトチルドレン・インナーチャイルドの癒し/外川智子の本
何となく怖い
アダルトチルドレンと愛着障害
〜ACと愛着障害〜
アダルトチルドレンと愛着障害
購入申込書

「人が怖い」「怒られるのが怖い」アダルトチルドレンと対人恐怖
〜ACと対人恐怖〜
「人が怖い」「人に怒られるのが怖い」アダルトチルドレンと対人恐怖
「私ってヘン?」といつも不安なあなたへ!対人関係が苦手なのは、あなたが“ダメ”だからじゃありません。
購入申込書

私は私をあきらめない
〜家族トラウマを超えて〜
アダルトチルドレンと対人恐怖症/私は私をあきらめない
オーラ療法の第一人者にしてACカウンセラーの著者が贈る、頑張りすぎる現代人、必読の書。オーラはあなたの苦しさの理由を雄弁に語ります。
購入申込書

人は人によって傷つくけれど、人は人の中で癒される
アダルトチルドレンと対人恐怖症/人は人によって傷つくけれど、人は人の中で癒される
アダルトチルドレン、トラウマ、共依存など実践的な心理療法と、オーラやチャクラなどから読み解く透視の技術、ヒーリングのテクニックを併用して、スピリチュアルな領域からクライアントの奥底までアプローチする癒しの書。
購入申込書
ヒーリング・透視リーディング無料体験会
ヒーリング・透視リーディング無料体験会
ヒーリング体験、透視リーディング体験の2種あり。
ワークショップ
ACから回復するための癒しと
成長のワーク。学ぶとしっか
り身につく、癒しが進む!
ヒーリングスクール
ヒーリング、透視リーディング
カウンセリングの3つを統合し
て学べるヒーリングスクール
ACミーティング
ACのための自助グループによるシェアリング(無料)です。
毎週火曜日開催。
インナーチャイルドワーク
ACのための癒しのワーク。
あなたの輝くインナーチャイル
ドを蘇らせよう!
清里ワーク
「私が伝えたい、本当の気持ち、その言葉」を探しに癒しの旅に出ます。