アダルトチルドレンカウンセリング東京/心の悩み相談室

アダルトチルドレン(AC)カウンセリング東京/心の相談室

HOME人間関係悩み相談・心の相談室グループセラピー癒しのワークショップヒーリングセラビスト養成スクールコラム
外川智子の 心の相談室(人間関係悩み相談)
ACの生きづらさから回復するための
  『リカバリーグループセラピー』

話すこと、聴くことの癒し効果
 ACからの回復するために、自助グループ(ACミーティング)に参加すると効果があるとよく言われます。これは、自分の物語を語るという「ナラティブセラピー」になるので、ACの回復には欠かせないものです。
 オフィスTでは、毎週火曜日にスタッフがファシリテーターを務め、「言いっぱなし、聴きっぱなし」のACミーティングを行っていますが、やはり通い続ける人には効果がありますね。
 それは、どのような効果でしょうか。
 まず、人の話を聞くことで、自分の体験や出来事を思い出します。そして、他の人の話に涙したりすることで感情が動いてくるのですね。そして、自分も話したくなる。そういうように話を聴き、また自分を語っていくことで、自分の過去の物語が徐々に変わってくるのです。
 もうどうにもならないという事態だったのが、状況は変わらなくても前向きに生きる自分になってくるとか、弱い自分と思っていたのが、実は苦しさを生き抜いてきた強い自分だったというように、「自分」に対する捉え方が変わってきます。こういう変化がいいのですね。このように心が動いて、気持ちが楽に軽くなっていくのです。
 このミーティングの特徴は、批判したり評価されたりがないこと。だから、安心して話せるのですね。自分を語り、人の話を聞き、自分で気づいていくのです。

ACの癒しは生き直し
グループセラピー しかし、ミーティングへの参加だけでACから回復できるわけではないです。
ACであるということは、すなわち家族トラウマを持っているということです。そのため、その心理には、トラウマの反復強迫や共依存など複雑な心の仕組みが働いています。ですから、AC問題を熟知したセラピストの存在が必要となってきます。
 特に「人が苦手・人が恐い」という方にとっては、ミーティングの場に出てくることも並大抵のことではないでしょう。まずは、その恐さを軽減していくためにも、個人セッションから始めるのが一番安心でしょう。
 個人相談は、セラピストと1対1の関係の中で自分を深めていきます。人間も生まれたとき、まずは母親との関係から人生を始めるのと同じです。ACはこの幼児期の段階で傷ついていますから、ここからやり直しを始めます。セラピストと2人の関係の中で、まさに「生き直し」「育て直し」をして、自分の中に安心感や自己愛の芽を育てていくのです。
 そして、少しずつ大丈夫になってきたら、少しずつ他者の中、集団の中へ出て行くのです。この段階で大きな意味をもってくるのがグループセラピーの場です。

グループセラピーは、ワークショップとどう違うの?
 グループで癒しに取り組んでいくことによって、皆さんは、家族やセラピスト以外の他者と交流することができます。その中から新たな感情体験、修正感情体験ができるのです。そこで得た親密感や一体感の体験をさらに個人セッションでの癒しに役立てていきます。
 当社でも、随時さまざまな癒しのワークショップを開いていますが、グループセラピーがワークショップと異なるところは、継続して同じメンバーで行うという点です。
 ワークショップとなると、さまざまな方が参加されます。同じACであっても苦しいところが違います。そうなると、本当のところを表現できなかったり、逆に萎縮してしまう方もいるのですね。
 今回は特に「ACの対人恐怖」というグループを構成していますので、継続した関わりの中から「安心」を体験することに大きな目的があります。この継続した関わりをさらに深め、信頼や親密なものに成長させること、その体験をすることが生きづらさからの回復に大きく貢献すると考えています。

なぜ、グループがいいのか?
 ACとは、家庭の中でにあっても孤独を感じてきた人たちです。人と親しくなりたい、安心した関係を築きたいと望んでも、所属することへの恐怖を抱えています。人とつながる感覚がわからないから恐くて、そこでもはじかれてしまうのじゃないかと不安になります。
 でも、だからこそ、グループを体験することが大切なのです。恐いから、イヤだからという理由でグループに入ってこなければ、それは回避行動となり、いつまでたっても改善しません。
 だからこそ、最も安全で効果的な「同種の思いを持った人たちという限定されたグループ」の中で生き直しを始めます。
 その仲間の中で安心感を覚え、感情を体験し、「苦しいのは自分だけじゃない、そうじゃなくていいんだ」とこれまでの感情が修正される体験をすると、ドンドン心が軽くなっていくのです。自分の脳に「人は恐いけど、恐くない人もいるんだ」ということを感覚的に覚えさせていくわけですね。ここがグループセラピーの素晴らしいところなのです。

同じ苦しさをもつ仲間と共に
グループセラピー グループセラピーでは、色々なゲームを交えながら、自分のことを語ります。率直に感じていること、考えていること、苦手なことなど話し合います。そうして少しずつ、人との関わりに慣れていくのです。同じ苦しさをもつ人ばかりだから安心でかつ共感してもらいやすいですね。これはとても大切なことです。
 そして、グループの中でも個人レベルでのカウンセリングが行われます。それは他のメンバーにとっても深く心に響きます。お互いにアドバイスし合うこともします。他者を援助できる自分をも体験するのですね。こうして、安心して、楽しく、深く深く癒されていきます。本当に素晴らしい時間を皆と共有するのです。
 そして、気づくと人と関わることが楽しくなっているあなたがいるはずです。

あなたは適切な人との関わり方を知らなかっただけ
 対人関係が苦手・人が恐いという人は、決して人が嫌いなわけではありません。できるなら、他者と気兼ねのない関係を築きたいと思っています。でもそれが難しいので、苦手意識になっているのですね。
 しかし、それは、あなたのせいではありません。
 私たちは誰でも、生まれて数年の間に周りの大人から人との関わり方を学びます。ほとんどの場合、それは親です。ACの人たちは、そこで適切な関わり方を学べなかったのです。そればかりか、壮絶な虐待やきつい親のコントロールがあったために、自由に自分らしさを発揮することができなかったのです。
 共感能力もなく、コミュニケーションの乏しい家庭で育てば、当然感じる力は育ちませんし、コミュニケーションがわからないのも当然です。そんなあなたが社会に出て、どうすれば良いのか分らず苦しくなるのは当たり前なのです。
 さらに「できない自分はダメだ、恥ずかしい」と思えば余計に苦しいですね。でも、あなたと同じように苦しんできた人たちと知り合えることだけでも、深く勇気づけられるはずです。

リカバリー グループ セラピーってどんなことするの?
 グループは、4〜10名で行います。今回は男性2名、女性4名の計6名で行っています。
 少しだけ、初日の様子をご紹介しますね。
  第1回目では、自己紹介として[名刺交換ゲーム]をしました。お互いの名前を覚えていくためにも、それぞれが自分の名刺を作って、お互いに挨拶をして名刺を交換しました。
 名刺は、名前と短い自己紹介文を書くというものでしたが、それだけでも、さまざまな心の動きを体験しました。その後、作っているときや名刺交換をしたときにどんなことを感じたかをワイワイ話し合ったのですが、皆、心の深いところから話ができてとても面白かったですよ。

 また、今回のグループセラピーに際して、事前にお一人お一人に内容をご説明していたのですが、参加者のほぼ全員の方が「どういうことをするのか分らないので不安でした」と言われていました。
 「人が恐い」というのは、何をするのか分からない不安というより、それができるかという不安、恥をかかないかしら?という自分についての不安なのですね。
 しかし、できるとわかっていることだけをやっていたのではチャレンジになりません。自分を高めることにはなりません。ですから、そんな不安を抱えていても、それでも出席した自分は「偉い!! 」のです。そんな自分を誇りに思うこと。それが自尊心を高めていきますね。
 また、男性が苦手なので、「男性がいたのでギョッとした」と言う方もいらっしゃいましたが、1日目の帰る頃には、「苦手だからこそ、男性がいてくれて良かった」と言われていました。男性に対するイメージが少し変わったそうです。このようにチャレンジすることにより、さまざまな効果が現れてきます。

 その積み重ねによって、ドンドン心が開けていくことでしょう。そして自分の苦しい殻を脱ぎ捨てる日が来るでしょう。

 グループセラピーの参加者からは、他にもこんなこんな声が寄せられています。

 







毎回同じ人なので安心。空気のように当たり前に会える。
癒しの取り組みについてメンバーとはなせるのがいい。
自然にうちとけてきて、みんな仲良く、気負わずに話ができて、楽しい時間が過ごせる。
毎回同じメンバーなので不安なくグループに入れた。
職場の上司とのコミュニケーションがスムーズになっていい関係が築けるようになった。
男性が怖かったのが楽になった。
  
 より良い自分の人生を生きるために・・・
 あなたも、まずは、ご相談ください。


  セッションメニュー   ご相談内容   よくある質問  
  クライアント様の声   料金   アクセス  
  グループセラピー   他では味わえない癒し  
人間関係悩み相談/心の悩み相談室
 
相談したい、癒したい

ACの癒しを学びたい
ヒーリングを体験したい
さらに知りたい
  → こころの相談室へ
→ 癒しのワークショップへ
→ ヒーリング・スクールへ
→ 無料体験会へ
→ アダルトチルドレン(AC)ってなに?
→ インナーチャイルドってなに?
→ ACをどうやって癒すの?
→ 具体的にどんな悩みを相談できるの?
→ 相談に乗ってくれるセラピストは?
→ 自分を癒すとどう変われるの?

■まずはお電話ください。
お申込み、お問合せは、有限会社オフィスTヒーリングセンター
TEL.03-5355-7055 (月・木曜除く)10:30〜19:00


写真・文章の転用を禁止します。
オフィスTヒーリングセンター 〒155-0033 東京都世田谷区代田4-35-18 TEL.03-5355-7055
アダルトチルドレン(AC)カウンセリング東京/心の相談室/心の相談室/お問合せ
セッション、ワーク、ヒーリングスクールに関するご相談、ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。
〒155-0033
東京都世田谷区代田4-35-18
アクセスマップ
アダルトチルドレン(AC)カウンセリング東京/スタッフコラム・癒しの現場から
ヒーリングセラピスト養成スクール個人レッスンのオススメ
アダルトチルドレン/人間関係悩み相談・心の相談室
誰にも言えずに、ずっと1人で
抱えてきた心の悩み、どうか
1人で悩まずにご相談ください。
心の相談室/ワークショップ
ACから回復するための癒しと
成長のワーク。学ぶとしっか
り身につく、癒しが進む!
心の相談室/ヒーリングスクール
ヒーリング、透視リーディング
カウンセリングの3つを統合し
て学べるヒーリングスクール
アダルトチルドレン・インナーチャイルドの癒し/ヒーリング・透視リーディング無料体験会
ヒーリング体験、透視リーディング体験の2種あり。
アダルトチルドレン自助グループ/ACミーティング
ACのための自助グループによるシェアリング(無料)です。
毎週火曜日開催。
心の相談室/インナーチャイルドワーク
ACのための癒しのワーク。
あなたの輝くインナーチャイル
ドを蘇らせよう!
アダルトチルドレン・インナーチャイルドの癒し/清里ワーク
「私が伝えたい、本当の気持ち、その言葉」を探しに癒しの旅に出ます。
心の相談室/外川智子の本
私は私をあきらめない
〜家族トラウマを超えて〜
心の相談室/私は私をあきらめない
オーラ療法の第一人者にしてACカウンセラーの著者が贈る、頑張りすぎる現代人、必読の書。オーラはあなたの苦しさの理由を雄弁に語ります。
購入申込書

人は人によって傷つくけれど、人は人の中で癒される
心の相談室/人は人によって傷つくけれど、人は人の中で癒される
アダルトチルドレン、トラウマ、共依存など実践的な心理療法と、オーラやチャクラなどから読み解く透視の技術、ヒーリングのテクニックを併用して、スピリチュアルな領域からクライアントの奥底までアプローチする癒しの書。
購入申込書