アダルトチルドレン・インナーチャイルドカウンセリング

大橋佐知子のコラム

HOME人間関係悩み相談・心の相談室グループセラピー癒しのワークショップヒーリングセラビスト養成スクールコラム
2017年12月26日
オフィスTのクリスマス
2017年10月25日
清里へ行ってきました!!
2017年6月9日
嬉しい変化!!
2017年4月2日
清里へ行ってきました!!
2016年11月23日
瞳のキラキラ
2016年10月21日
清里へ行ってきました!!
2016年7月13日
移転しました!!
2016年5月8日
今、グラウンディングワークが人気!!
2016年4月5日
清里へ行って来ました!!
2015年10月16日
清里へ行ってきました!!
2015年5月29日
AC、カサンドラ、そして癒し
2015年3月25日
外川先生の新しい本が出版されます!!

2014年12月23日
テレビドラマの取材受けました。

2014年11月28日
トナカイさんの出番
2014年10月21日
清里に行ってきました
2014年7月23日
NHK「母が重たい・・・」
2013年12月21日
とっても気持ちがいい!
2013年12月20日
グラウンディングの年!
2013年9月24日
ヒーリング&透視リーディング
2013年7月23日
全大会!!
3013年7月2日
「よしず」とトマト
2013年5月22日
新しいお部屋ができました!!
2013年1月22日
オフィスTは結婚ラッシュ!
2012年12月11日
男子会!!
2012年11月3日
インナーチャイルドワークin清里
2012年9月29日
ACグループ開催します!!
2012年9月4日
ブラッシュupグループが始まりました!!
2012年8月31日
秋支度・清里準備
2012年7月31日
インナーチャイルドワークin清里・その2
私が感じた“癒しの現場”

はじめまして。スタッフの大橋と申します。
ここオフィスTヒーリングセンターには、日々様々なクライアント様がお越しになられます。
わたくしも、セラピストを始めて2年が過ぎようとしていますが、初めてここ(オフィスT)を訪れたのは、クライアントとしてでした。
ですから外川先生との関わりは、もう6年になるでしょうか・・・

私も皆さんと同じACの仲間です。当時は色々悩んで、色々なセミナーに出かけたり、カウンセリングやミーティングにも通っていました。でもなかなか思うように楽にはならず、窓の外の景色が移り変わるのをただただ見ていた頃です。

6年前、初めて電話をした日のことを覚えています。外川先生の本を読み、“この人なら分かってくれるかもしれない”;と思い、思い切って電話をしました。(ホントにドキドキしていました。藁にもすがる思いでしたね)。
でも、その時たまたま電話に出てくださったのが先生でした。

そしてオフィスTと繋がることが出来て、そして今は外川先生と共にセラピストとして、またスタッフとして日々を過ごしています。
今、私が癒しの現場に立会い、思うことは『人は変わることが出来る』ということです。
そして思いのほか“癒しの現場”は『楽しいところ』だと言うことです。

でも実は、私は一歩を踏み出すことが怖かったんです。
なぜかと言うと、「癒しに取り組む」ということさえ良く分からなかったからです。ですからここオフィスTでの様々なこと、私が日々感じる「癒しの現場」をお伝えすることで、かつての私と同じように、どうしたらいいんだろう・・・とお悩みになられている方々にとって、少しでも「癒しに取り組む」ということの心配を減らし、一歩を踏み出すきっかけになれたらと思い「コラム」を始めました。
今年もよろしくお願い致します。
2018年1月17日
2018年、今年もどうぞよろしくお願い致します。

オフィスTでは、2018年の最初のスタートはマスタークラスでした。続いてセッションやグループセラピーなど、今年も早々からクライアントさんの元気な姿を拝見することができ、気持ちも新たに日々、癒しへの取り組みをしております。
振り返ってみると、昨年も癒しの取り組みの中でクライアントさんに様々な変化や成長のあった1年でした。

その中でも特に、昨年末に結婚され、癒しを卒業された方の最後のセッションの日はとても印象深いものがありました。本当に頑張って何年も癒しに取り組み続けられた方で、癒しに真剣に取り組むその姿から、癒しの道の後を行く後輩の方々からとても信頼され、頼りにされていた存在でした。
「そろそろ結婚を」と婚活を始めたのはおととしの夏頃だったでしょうか。その後、素敵な方と巡り合い、昨年末、結婚と同時に癒しを卒業されました。私も、グループセラピーや清里ワークで共に泣き、共に笑いながら、その方と癒しの時間を一緒に過ごさせていただきました。
ですので、セッションの後に外川先生とお別れをしている姿を見て、「これまで本当によく頑張ってこられたな、それに素敵な結婚相手も見つかってよかったな〜。」と、これまで頑張ってこられた姿が走馬灯のように思い出され、卒業されることへのうれしさやさみしさ、祝福する気持ちなど、いろんな気持ちが混じって、あまり言葉がでてきませんでした。

でも帰り際、外川先生の「何もなくても、いつでも来てくださいね。」という言葉に、「じゃあ、また来ます!」といつものように玄関を出て行かれたので、「また顔を出してくれるんだろうな」と、なんだか楽しみの方を多く感じました。そんな心地の良い余韻を残せるなんて、本当に心が癒されて楽になったのですね。そのことが、心にじんわり沁みて、後片づけをしながらちょっと泣きそうになってしまいました。本当に本当に、良い卒業の日でした。
その他にも、アルバイトから派遣社員へと転身された方や、数年ぶりにアルバイトを始められた方、お仕事で責任のあることを任されるようになった方、自分の癒しに取り組んだことで、お子さんに新しい選択肢が増えた方 などなど。
やはり癒しに取り組み続けると、ちゃんとその効果があるといいますか、そこに費やした時間以上のものを手にできるのではないかと私は思っています。
ところで、「癒しに取り組む」って、「すごくがんばって自分の悪い所を変える」というイメージを持たれるかもしれませんが、そうじゃないんですよね。(ちょっと話が長くなりますがお付き合いください。)

グループセラピーなどで外川先生がよくお話しされるのですが、「まずは、そのまんまの自分を丸ごと受け入れてもらうこと、そして自分は受け入れられているな、と感じられるようになること」なんです。その上にこそ「癒しの変化」は起きてきます。

先程の卒業された方が、よく「ここにくるとホッとできて、先生の姿を見るだけで、声を聞くだけで安心します。」『オフィスTは自分の家です。ここに来ると「帰ってきたなと思います。」』と言ってくださいました。

そういう「安心感、安全感」の感覚を持てるようになることが、アダルトチルドレンの癒しには大切です。なぜならアダルトチルドレンの方は、親との愛着関係を築いていく中で傷つき、自分を愛し、他人と良好な関係を作るための土台ともいうべき「安心感、安全感」というものを、親との間でほとんど体験していないからです。
それは、「自分は愛され、受け入れられる存在だ」という思いや感覚を持てなかったということだけでなく、「他人は自分を受け入れ愛してくれて、そして、自分が困ったときに味方になってくれたり助けてくれたりするものだ」という、他人への安心感や信頼感も持てなかったということにもなります。

そうしたアダルトチルドレンの方にとって、他人やこの世界は「危険なもの」としか思えません。「自分はいつも一人ぼっちで、誰も関心を向けてくれないし、困ったときにでも放っておかれる」。だから、何をするにしても緊張や不安、恐怖ばかりを感じてしまいます。

ですから、アダルトチルドレンの方が学校や社会に出たときに「人との関り(人間関係)」において、とても苦しいことになってしまうのです。「自分に自信が持てない」、「人は自分を嫌うだろう」、「きっと批判されるに違いない、バカにされるに違いない」、そんなふうにしか思えなくなっているので、人に安心して近づいたり、心を開いて関わるなんて、とても怖くてできません。そうしたことから、対人恐怖や対人緊張、人間関係が上手くいかないなどの様々な生きづらさを抱えることになっています。それでも、相手の顔色を伺い、自分の発した言葉の1つ1つにまで神経をとがらせるようにして気を使いながら、なんとか人と関わっているのです。
ですからアダルトチルドレンの方の場合、そうした傷ついた愛着関係を良いものへと回復させていくことがとても大切なのです。

癒しへの取り組みの中で、自分の中に「安心感や安全感」を育てていき、そして「自分はダメな人間だ」「自分は嫌われる」「自分は愛されない」などといった歪んだ認知や思い込み、さらには行動(例えば、失敗しないように完璧にやろうとするとか、人となるべく関わらないようにする など)を楽にしていくのです。
*詳しく知りたい方は、「愛着障害とAC」のページをご覧くださいませ。
なので、そうしたことも含めてオフィスTが癒しの取り組みの中で一番大切にしているのは、外川先生いわく、「癒しをがんばる」のではなくて「予約した日にオフィスTに来てくれること」なんです。それは「とにかくオフィスTに来て、安心できる場所や人とつながっていること。そうすれば、そんなにがんばらなくても自然と楽になっていく」ということなのです。(自然にとはいえ、クライアントさんが本当に楽になれるようなセッションをしている外川先生がいるのですけれど・・・)

セッションの時などクライアントさんが階段を上ってくる音が聞こえると、外川先生と私は「いらっしゃいましたね!!」と声を掛け合いながらイソイソとお迎えをしています。
外川先生も私も皆さんがいらっしゃるのをすごく待っているのです。
そうした気持ちで今年も、皆様のお越しを楽しみにお待ちしております!!

そして、オフィスTが皆様にとって「安心、安全な場」になりますよう、一層、精進してまいりたいと思います。
今年もどうぞよろしくお願い致します。
オフィスTのクリスマス
2017年12月26日
今年も残すところ、あとわずかとなりました。今年もオフィスTでは、先週、先々週と毎年恒例の「クリスマスケーキ」を、グループの皆さんといただきました。

クリスマスシーズンになると、街にはイルミネーションが輝き、クリスマスソングが流れ、TVではケーキやチキンのCMが流れてクリスマス一色になります。でも、その楽しそうな、幸せそうな光景に背を向けたい気持ちになったり、一人だけその楽しそうな輪の中に入れないという疎外感を感じる、というクライアントさんのお話をよく伺います。

なぜなら自分が子どもの頃に体験したクリスマスを思い出すからです。 アダルトチルドレンの方が育ってきた家族では、世間がクリスマスで楽しく過ごすときですら、楽しく過ごせない、逆に子どもの自尊心が傷つくようなことが起こっているのです。

「本が欲しいといった妹は褒められて、おもちゃが欲しいといった自分はバカにされ批判された」、「楽しい気分になって、ちょっとはしゃいだらお父さんが「調子に乗るな!!」と怒鳴りだした」、「今日はお母さんの機嫌がいいなと思っていたら、途中からいつものようにヒステリックになってお料理を捨ててしまった」・・・など。 他の家は穏やかで楽しそうなのに、毎年のように自分の家では戦々恐々とした空気が漂い、学校では話せないようなことが起こるのです。

だからクリスマスの日といえども、いつものように親の機嫌を伺い、「何か大変な事が起こらないように」と気を使い、「クリスマスを楽しく過ごす」ということなんて一度も体験していないのです。

そもそも親がそうしたことに無関心で、言わないとケーキもごちそうもなく、黙々といつも通りの食事をした、ということもあります。こうしたことも、「自分は親から関心を持ってもらえない子なんだ。こういう特別な日ですら、プレゼントも買ってくれない、ごちそうも用意してくれない。本当に自分は価値のない子なんだ」という傷つきになります。
なので、オフィスTではこの時期には皆さんで「クリスマスケーキ」ということでチョコパイをいただきます。そこには、安心できる人と場所の中で、少しでもあたたか味のあるクリスマスを味わっていただきたいという外川先生の思いがあります。

今年初めての方には「うれしい〜!」「おいしいです!」と言っていただきましたし、何度かこの時間をご一緒した方々も、「そうそう!うれしい〜!」って言ってくださって、ワイワイと話に花が咲いて楽しいひと時を過ごしました。本当に楽しかったです!!

そんな、皆さんの楽しそうな、うれしそうな顔を見て、幸せな気持ちになっている外川先生と私なのです。 また、来年もこんなあったかい時間をたくさん過ごしていきたいと思います。
 
 


写真・文章の転用を禁止します。
オフィスTヒーリングセンター〒155-0033 東京都世田谷区代田4-35-18 TEL.03-5355-7055
アダルトチルドレン・インナーチャイルドカウンセリング東京/お問合せ
インナーチャイルドワークセッション
アダルトチルドレン/人間関係悩み相談・心の相談室
誰にも言えずに、ずっと1人で抱えてきた心の悩み、どうか1人で悩まずにご相談ください。
ヒーリングセラピスト養成スクール個人レッスンのオススメ
アダルトチルドレン/ヒーリング・透視リーディング無料体験会
アダルトチルドレン/ヒーリング・透視リーディング無料体験会
ヒーリング体験、透視リーディング体験の2種あり。
アダルトチルドレン/ワークショップ
ACから回復するための癒しと成長のワーク。学ぶとしっかり身につく、癒しが進む!
アダルトチルドレン/ヒーリングスクール
ヒーリング、透視リーディング、カウンセリングの3つを統合して学べるヒーリングスクール
アダルトチルドレン自助グループ/ACミーティング
ACのための自助グループによるシェアリング(無料)です。毎週火曜日開催。
アダルトチルドレン/インナーチャイルドワーク
ACのための癒しのワーク。あなたの輝くインナーチャイルドを蘇らせよう!
アダルトチルドレン/インナーチャイルドワークin清里
「私が伝えたい、本当の気持ち、その言葉」を探しに癒しの旅に出ます。
人間関係悩み相談/外川智子の本
何となく怖い
アダルトチルドレンと愛着障害
〜ACと愛着障害〜
アダルトチルドレンと愛着障害
購入申込書

アダルトチルドレンと対人恐怖
〜ACと対人恐怖〜
アダルトチルドレン(AC)カウンセリング東京/心の相談室/あなたの一番になりたくて〜AC(アダルトチルドレン)と対人恐怖
「私ってヘン?」といつも不安なあなたへ!対人関係が苦手なのは、あなたが“ダメ”だからじゃありません。
購入申込書

私は私をあきらめない
〜家族トラウマを超えて〜
人間関係悩み相談/私は私をあきらめない
オーラ療法の第一人者にしてACカウンセラーの著者が贈る、頑張りすぎる現代人、必読の書。オーラはあなたの苦しさの理由を雄弁に語ります。
購入申込書

人は人によって傷つくけれど、人は人の中で癒される
人間関係悩み相談/人は人によって傷つくけれど、人は人の中で癒される
アダルトチルドレン、トラウマ、共依存など実践的な心理療法と、オーラやチャクラなどから読み解く透視の技術、ヒーリングのテクニックを併用して、スピリチュアルな領域からクライアントの奥底までアプローチする癒しの書。
購入申込書